CATEGORY

BACK GROUND(背景)

Tシャツの背景を紡ぐ人々−パターン

若かりし日の想いを紡ぐ、人を考えたパターン。 今回のHiKEI(ハイケイ)のTシャツのシルエットは、洗練されたオーセンティック感を兼ね備えた上で、どんな生活スタイルや状況にも左右されずに着こなせるオーソドックスなシルエットを理想としていました。 今回そんなパターンを引いていただいたform making 代表 / パタンナーの高井 政伸さんにお話を伺いました。 自分のブランドを立ち上げる道中で得た […]

Tシャツの背景を紡ぐ人々−裁断/縫製

切って、縫って、「当たり前」をつくり上げる。 紡績から始まり、編み、染色、とHiKEIのTシャツに関わって頂いた皆さんの背景を知るべく辿ってきた糸の旅。 そのTシャツの最終仕上げである縫製の依頼をさせて頂いた、株式会社マキカンパニーさんの生産部部長の中野留味子さんと工場長の池上美奈子さんに、この旅の最後のお話を聞かせて頂きました。 密な意思疎通から生まれる誇りあるモノづくり Mako : 本日は貴 […]

Tシャツの背景を紡ぐ人々−生地染色(染め)

継続される柔軟で果敢な挑戦が人の思いを紡ぐ 今回のTraceable journey projectsで製作したHiKEI Tシャツが出来るまでの糸の旅。その旅の始まりで綿が糸になり、編まれて生地になり、そしてその次の工程が生地の染色になります。 今回は染色を依頼させて頂いた土田産業の橋本さんにお話を伺いました。 長年の歴史の中で培われた「染色・整理・特殊加工」の技術と挑戦 Mako:本日は貴重な […]

Tシャツの背景を紡ぐ人々−編立(生地)後編

壁にぶち当たり、壁を超える。思いを込めたモノに魂が宿る。 かつてガチャマン時代と呼ばれる、「織機をガチャンと織れば万の金が儲かる」時代があり、当時、和歌山市は莫大小(メリヤス)の産地として発展したそうです。 そこから70年近くの月日が経ち、世界は大きく変化しました。 和歌山市相坂に工場を構える風神莫大小株式会社の風神 昌哉さんから、 変わりゆく時代の中で、こだわりを持って生地作りに向き合うことで得 […]

Tシャツの背景を紡ぐ人々−編立(生地)前編

壁にぶち当たり、壁を超える。思いを込めたモノに魂が宿る。 かつてガチャマン時代と呼ばれる、「織機をガチャンと織れば万の金が儲かる」時代があり、当時、和歌山市は莫大小(メリヤス)の産地として発展したそうです。 そこから70年近くの月日が経ち、世界は大きく変化しました。 和歌山市相坂に工場を構える風神莫大小株式会社の風神 昌哉さんから、 変わりゆく時代の中で、こだわりを持って生地づくりに向き合うことで […]

Tシャツの背景を紡ぐ人々−紡績(糸)

紡ぎ、紡がれる。人と世界をつなぐ『糸』の背景 HiKEI(ハイケイ)の Tシャツは「アルティメイト・ピマコットン」という綿の糸を使用しています。 その糸と出会えたのは、今、世界中から注目されている紡績工場『大正紡績』さんのおかげです。大正紡績さんの工場を訪れ、実際にコットンが糸になるまでの工程を見せていただきました。 原料であるアルティメイト・ピマを実際に触らせていただき、そのフワフワとした感触を […]